colorbrush-art-img

朝は、新しい一日の始まりや目覚めや活動などの象徴とされています。朝という漢字を太陽が昇ってきた光景をイメージして書き、感謝や希望を表しています。

学ぶことは、自分自身にとって宝物であるという言葉は、自分の知識や能力や視野を広げることです。自分の夢や目標に向かって努力することです。この言葉を自分自身に言い聞かせるように作品にしました。

colorbrush-art-img
colorbrushart-img

理解の解とは、物事の本質や意味を理解することを表す漢字です。理解の解という漢字の旧漢字は、糸と言と角という三つの部分から成り立っています。糸は、物事のつながりや関係を表す部分で、言は、物事の名前や言葉を表す部分で、角は、物事の切れ目や区別を表す部分です。この旧漢字は、物事の本質や意味を理解するためには、物事のつながりや関係や名前や言葉や切れ目や区別を見極める必要があることを象徴しています。

風とは、空気の流れやその影響を表す漢字です。風は、自然や気象や感情など、多くのものに関係する漢字です。風という漢字の篆書体は、風の動きや形を表した古代の文字です。篆書体は、曲線や渦巻きや点などで構成されており、絵画的な美しさがあります。

Seisyu Kamata | Color Brush Art-img

馬は、心が強く動かされることやその気持ちを表す漢字です。感動は、美しいものや素晴らしいものや感謝するものなど、多くのものに起こることです。

「感じる」という漢字は、五感を通して何かを感じるという意味と、心が動き、何かを悟るという意味があります。この作品では、その両方の意味を表現するように心がけました。五感を通して感じることの大切さは、現代社会において、忘れられがちなことです。

colorbrush-art-img
colorbrush-art-img

花鳥風月をそれぞれの色彩で表現したパフォーマンスを、展覧会で披露しました。
それぞれの色彩に象徴的なイメージを込めて、大胆な色使いとダイナミックな筆致で描きました。

情熱という漢字を旧字体で表現しています。旧字体は、現代の漢字に比べて線が太く、力強い印象を与えます。

colorbrush-art-img

※旧字体とは、1949年に新字体が制定される前に使用されていた漢字のことです。旧字体は、中国の『康煕字典』に基づいて標準化されたもので、明治以降、日本では漢字の制限や簡易化を目指す動きがありました。戦後になって、当用漢字や常用漢字が制定され、漢字の使用範囲や字体が規定されました。