龍とは、神話や伝説に登場する神秘的な生き物を表す漢字です。銅の色と金の色彩は、龍の力や貴重さや威厳を表現する色です。

水辺で遊んでいる鳥を一つの筆でグラデーションで表現しました。筆は、水から青に、青から白に、白から黄色に変わっていきます。紙には、水辺で遊んでいる鳥の色や輝きが伝わります。

蝶の旧漢字は、蟲と巴という二つの部分から成り立っています。蟲は、虫を表す部分で、巴は、渦巻きや回転を表す部分です。この旧漢字は、蝶の動きや形を象徴しています。筆でグラデーションで表現するとき、私は自分の心にある変化や美しさを感じます。筆は、蝶の色や模様や光を表現しています。

芽とは、植物の成長の始まりや可能性を表す漢字です。芽をイメージする色彩は、緑や黄色や白など、生命力や希望や純真さに関連する色です。この色彩は、私にとって、芽の中にある新しさや輝きや夢を表現する色彩です。

花という漢字のある子どもさんへ送る作品として作成しました。花は、美しさや華やかさや喜びなど、多くの感情や象徴を持つ漢字です。花という漢字を持つ子どもさんは、花のように魅力的で明るくて素敵な人だと思います。

椿とは、冬から春にかけて咲く赤や白やピンクの花を持つ常緑樹の名前です。椿は、日本では古くから親しまれており、美しさや清楚さや高貴さなどの象徴とされています。椿をイメージする赤は、椿の花の色ですが、私にとって、椿の中にある情熱や生命力や希望を表現する色です。

華とは、花や美しいものを表す漢字です。華という漢字を花のように二輪並べて絵の様に表現するとき、私は自分の心にある華やかさや美しさを感じます。

鶴とは、白や灰色の羽毛を持ち、長い首と足を持つ鳥を表す漢字です。鶴は、日本では古くから縁起の良い鳥とされており、長寿や平和や幸福などの象徴とされています。鶴という漢字の篆書体は、鶴の姿や特徴を表した古代の文字です。篆書体は、曲線や渦巻きや点などで構成されており、絵画的な美しさがあります。